YouTube新機能「カード」が動画の役割を変える

2015年3月17日にYouTubeは、スマートフォンやタブレットなどからも視聴時にリンク機能などが使える新機能「カード」を発表した。これは今までPCから視聴時に限り利用可能だったリンク機能「アノテーション」に変わるものであり、スマホなどのモバイルデバイスからの視聴が増えている今に合わせた変更だが、この機能が意味する事はとても大きい。

今までスマホからYouTubeを見ていて商品やサービスに興味を持った場合、YouTubeアプリの他にブラウザを立ち上げて商品名を検索するか、視聴画面を閉じて(縮小化して)動画説明欄にリンクがあるか確認するなどの手順が必要だった。PCにおいてはさほど苦にならないこうした方法もスマホからだととても面倒であったし、だからこそYouTube動画の役割は「商品紹介」という位置づけで成長して来たと感じている。

しかし視聴画面から直接ウェブサイトに飛べるようになるということで、YouTube動画の役割自体が大きく変わってくると推測する。

動画=販促番組 という位置づけだ。

役割が変わるということで、ここからはより通販番組のような販促的内容にシフトして行くに違いない。そしてすでに多くの顧客を束ねているYouTuberは今年相当な売り上げをたたき出すだろう。実測が可能で費用対効果も明確なウェブ動画のPRに大企業もますます参入してくることになる。

カード機能を体験出来るGIGAZINEさんの動画

このカード機能はリンクのみならず、いくつかの機能を有する。

・商品紹介カード
・資金調達カード
・動画カードまたは再生リストカード
・関連ウェブサイト カード
・視聴者ファンディング カード

自由意志によるお支払いでお好みの YouTube クリエイターをサポートできる「視聴者ファウンディング」はCD離れが深刻な音楽業界の新しい資金獲得方法として更なる世界を生み出しそうだ。
https://support.google.com/youtube/answer/6052077?hl=ja

そしてこっそりと同時に発表になっているアーティスト向けのプログラム「YouTube for Artists」も発表した。ファン獲得に役立つツールやプロモーションプログラムを提供するとあって、こちらからも動画の役割がますます拡大して行くことが感じ取れる。

ワクワクする春になってきた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事